FC2ブログ

まめちゃんとおひるね

黒柴のまめとのんびり、ゆったり暮らし。 粘土でお花を作ったり、編み物やバンダナ作りをしています。
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

花束???のプレゼント!!!

おはようございます~♪
お気楽ブログに、ご訪問ありがとうございます。

まめパパは昼食後、毎日自転車でプール通いをしています。
帰りにプレゼント?を、買ってきてくれました。

じゃじゃじゃじゃ~ん!ブロッコリーの花束です~!(笑)
とっても現実的プレゼント~「花より団子」のまめ家です(^^ゞ
農家さんの直売所で買ってきたブロッコリーは、さっそく夕食に~
採りたて新鮮ブロッコリー、美味しかったです。

P1140707.jpg


まめは今年最後の獣医さんに行ってきました。
アレルギーがあり、薬を飲んでいるためなんです。
私は歯医者さん意外は、お医者さんに縁のない一年でした。感謝~感謝~
代わりに、まめが・・・(苦笑)

通っている動物病院には何人も先生がおり、最近は指名させてもらっています。
まめパパ曰く、可愛くて優しい女の先生だそうです。
よく見てくれて感じが良くて、まめも安心しているそうですよ。

いつもバンダナを褒めてくださるので、お聞きすると雑貨が好きだとのこと・・・
まめパパが、私の作ったコースターをポケットに入れていき、それとなく手渡すと、
とっても喜んでくれたそうですよ。
ほんのきもち~が伝わり、嬉しいです。
帰りに、メモ用紙にお礼を書いてくれて、まめパパが頂いて来ました。
心遣いも、素敵な先生ですね。

寒くなったので、洋服を着ていったらね、「可愛いですね~」と、仰ってくださいました。

P1140714.jpg
リバーシブルになっています
P1140720.jpg


まめのお手入れは、まめパパの係です。
爪切り&歯磨き&シャンプー等々色々あるけどネ・・・
先生に「完璧です!」と言って頂き、気を良くしてにこにこ帰宅したまめパパでした!(笑)

何歳(おばあちゃん)になっても、褒められると嬉しいものです。
良いところ探しをして、どんどん褒めたいなあ~(*^-^*)

スポンサーサイト



【 2019/12/15 】 その他 | TB(0) | CM(4)

夜間パトロール、ありがとうございます~!

ご訪問ありがとうございます。

月曜の朝ポストを開けると、こんなカードが入っていました。
午前一時40分に、パトカーがパトロールしてくれていました。
夏にも、パトロールカードが入っていて、ありがたいことですね。

P1140698.jpg

次から次と、いろんな詐欺考えますね。
悪智恵とのイタチごっこが続きますが、皆さん気を付けましょう!

P1140696.jpg

日本は、世界の中でも治安が良くて、安心して暮らせる国ですね。
それが当たり前になっているけど、ありがたい事だと感謝です。

アフガニスタンの復興に尽力を注ぐ、中村医師が襲撃され殺害されました。
復興支援事業をなさっているのに、何故殺害されなくてはならないのか・・・
ほんとうに哀しく悔しいことです。
危険と隣り合わせの中で、頑張って下さっていた・・・
心よりご冥福をお祈り致します。

【 2019/12/10 】 その他 | TB(0) | CM(2)

無料カットで充分です~

ご訪問ありがとうございます。
今日は大雪ですね、寒いです!
寒さが厳しくなり、雪が降り始める頃だそうですね。


先日、まめパパがまめのシャンプーする前に、私がまめパパの髪をカットしました。
夫は、1,000円カットを止めて、家での無料カットにしてます。
さすがに、自分のカットは怖くてできませんから、さっき美容室に行ってカットしてきました(^^ゞ

H子さんはセンス良くて、カットも素敵なので、
「お洒落な美容室でカットしてもらっているの?」と聞いたところ、
自分でカットしていると聞き、びっくりした私です。
長年ずっと自分でカットしていて、それもまめにしてるとの事、スゴイ!

「どのようにするの?」と尋ねたところ、三面鏡で全体をよく見て記憶しておき、
鏡を見ないで切るんだそうです。
なるほど~!鏡を見ながら切ろうとすると、ハサミが逆になり、手を切ってしまいそうだもの・・・
感じながらが、大事なんだね。
そっかあ~!想像の翼を広げないと無理なんだ~!

カットは一日にして成らずって、笑いながら仰っていました(^^)

やっぱり、日々の努力の積み重ねなのね。
いきなりやったら、手でも切って大変な事になりそう・・・(苦笑)



ラドログリーで材料を買い(店員さんに相談して選びました)、ピンに刺しただけです。
ほんの数分で出来上がりました~!
蝶が揺れて可愛いんです~

P1140690.jpg

    
     機敏の意味は、時に応じてすばやく反応し、行動する事なんだって~

【 2019/12/07 】 その他 | TB(0) | CM(2)

春には・・・・・

こんばんわ~♪
ご訪問ありがとうございます。

寒い一日でしたね!
飼い主だけ、あったかく着込んで散歩も、後ろめたい気がして・・・
まめにも、洋服を着せて散歩に出掛けました~(笑)

土手には、雑草がびっしり生繁っています。

P1140572.jpg

この土手(300メートル)に、お隣の町会の会長さんを中心に、有志の皆さん数人で、
何年も根気強く頑張って、お花を植えています。

先ずは雑草を取り除き、紫陽花が植えられ、梅雨時期には美しい紫陽花が咲き、
みんなの目を楽しませてもらっています。

はびこってる雑草をきれいに取るのは、至難の業です。
私だったら、すぐ音を上げてしまうと思うけど、このメンバーの皆さんは、根性が違います!
きれいに雑草をむしりました。

次に芝桜を植えて、昨年までに半分まで完成しました。
雑草いっぱいの土手が、紫陽花と芝桜が咲き誇る土手に変貌しました\(^o^)/

今回は続きの半分に、1200株の芝桜の苗を植えるそうです。
昨日、微力ながらまめパパと一緒に、午前中だけお手伝いに行きました。

皆さん黙々と、芝桜の苗を植えています。
傾斜地で石ころがいっぱいの硬い土、穴を掘るのもたいへんな作業でした。


P1140567.jpg

P1140570.jpg



今日まめ散歩で行くとびっくり!昨日に続き一生懸命作業をしていました。
1200株の株全部が、植え終わったそうです!
昨日、山のようにあった苗は、見事に植え終わっていました。

雑草を取り除き、紫陽花を植え、芝桜を植える課程を、まめのお散歩でずっと見ています。
今回、ちょこっとやってみて、余計にその大変さが分かった気がします。

見るのとやるのじゃ、大違いだとね。
汗を流してくださる方々がいて、その恩恵を頂いています。
ほんとうに、感謝・感謝しかありません。

お疲れさまでしたm(_ _)m

春になり、お花がいっぱい咲くのが楽しみです~
作業なさった皆さんは、お花が咲いたら感慨ひとしおでしょうね

【 2019/11/27 】 その他 | TB(0) | CM(2)

五郎兵衛用水(長野県佐久市)

おはようございます♪
ご訪問ありがとうございます。

今日は、祝賀パレードがありますね。
穏やかな秋晴れ、素晴らしい日になりそうです。

私の実家とご縁のある、長野県佐久市(旧浅科村・五郎兵衛新田村)にある
五郎兵衛用水のご案内です。

P1140376.jpg


2018年に世界かんがい施設遺産になった「五郎兵衛用水」は、
江戸初期に完成した全長約20㎞の灌漑用水です。

南牧を根拠地とする土豪だった市川家は、元々は、武田信玄に仕えていました。
その時の武功により、佐久地域を領地として与えられました。

幾つもの戦いを経て、徳川家が天下統一を果たした後は家康の仕官要請を断り
戦によって得た土地に頼る生き方をやめ武具を鋤鍬に持ち替え、辺境の地で生きる術を模索しました。

家康からは、その志に徳川家の領地で有れば何処でも鉱山開発をして良いとの御朱印状を頂き、
武田時代に培った鉱山技術で、金山や砥山開発を行いました。

この地で掘り出される砥石は、刀を研ぐために良質で珍重されていたそうです。

その後、20年余りの準備期間を経て小諸蕃の許可を得て用水・新田開発に着手しましたが
難工事のため工費が増大し、私財二万両の資金が底を着くと
「資金は十分に有る」と見せ掛けるため、
馬の背に砥石を詰めた千両箱を運んで安心させ、工事を続けたそうです。

5年の歳月を経て、疎水百選として今に伝わる五郎兵衛用水は完成しました。

用水は現在に至る350年もの間、400haの水田を潤すのみならず
生活用水や防火用水として、受け継がれ守られています。

五郎兵衛記念館が作られ、そばには真親神社があり
五郎兵衛さんは、神さまとして祭られています。

南牧市川家は、鉱山開発で得た富を新田開発に費やしました。
その後、没落しましたが父と母が力を合わせ名誉を回復させました。

五郎兵衛さんは、晩年には仏門(圓心)に入り、94歳の生涯を閉じました。


五郎兵衛の辞世
P1140374.jpg

   父の「小欲知足」は、通じるものがあります。


先日、まめパパが父の遺言を携え、同級生3人と一緒に記念館に訪れました。
私は、両親と何度かお伺いしています。

五郎兵衛桜と新田
    五郎兵衛記念館より、五郎兵衛桜・浅間山・五郎兵衛新田

旧用水トンネル
    案内してくれた、根澤館長さんと取水口付近:旧用水トンネル部


五郎兵衛米はブランド米で、粒がしっかりした「こしひかり」です。
実家には、秋の収穫が終わると浅科村の方々が、五郎兵衛米を携え訪ねて来てくれましたので、
私も覚えています。
お寿司のシャリにぴったりだと、お寿司屋さんでは引っ張りだこだそうですよ。

P1140391.jpg


そのお話は「佐久の水音」に、歴史小説として書かれています。
 
P1140373.jpg


ご先祖さまの偉業を、父(18代当主)の供養にと書き留めました。


【 2019/11/10 】 その他 | TB(0) | CM(2)