FC2ブログ

まめちゃんとおひるね

黒柴のまめとのんびり、ゆったり暮らし。 粘土でお花を作ったり、編み物やバンダナ作りをしています。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012
月別アーカイブ  【 2017年11月 】 

旅のお土産は・・・

いつものように、お土産は、「道の駅」で調達してきてくれました。
買って来てくれた野菜で、我が家のワンパターン朝食です。
日光「金谷ホテル」のパンも、買って来てくれました。
(泊まったわけではないですけどね・・・^^;)
まめご飯にも、もちろんお裾分けしましたよ~(^^)/

P1100236.jpg
まめご飯↑

これ何~???
地元舌切り雀のお宿で有名な磯部温泉名物「磯部せんべい」です。
一緒に行ったK君から、お土産に頂いたのですが、
段ボールに、ドカーンといっぱい入っていて びっくりしちゃいました!(2段入り)
我が家だけではとても食べきれそうにないので、半分は直ぐに友人にお裾分けしました。


P1100239.jpg


旅の途中、日光の田母沢御用邸や足尾銅山に立ち寄り、観光もしたそうです。

売り場のおばさんの話が、たいへん興味深くて、拾円紙幣を購入(300円)したそう
(勿論、今でも使えるそうです)
私もまめパパから聞き、謂われが興味深かったので載せてみました。


P1100244.jpg


抜粋させて頂きました
▼不気味な10円札  昭和21年に発行されたA10円札という紙幣です。
表面の図柄は左が「米」、右が「国」、すなわち「米国」の文字をかたどっている。
左に描かれている国会議事堂が 十字架の中に押し込められており、身動きが取れなくなっている。
右に描かれている皇室のシンボルである菊の紋章が 十字架の鎖につながれている。
全体像は「米國」になってますね。右側の「口」の文字の中に鳥がいて、羽を広げていますね。
この鳥の図像が、「國」の文字になっているわけ。
国会議事堂は十字架の中にあります。国会議事堂が、黒枠の中に入っています。
黒枠の外を額縁が取り囲んでいるのがわかりますね。黒枠と額縁とに囲まれた写真。
葬儀用写真(遺影)です。国会議事堂は、政治の中心です。これは、日本国家の葬儀なんですね。
国会議事堂の周囲は闇夜です。夜のとばりが下りてきて、国会議事堂を包んでます。
国会議事堂の下の方がもやに包まれていて、輪郭がぼやけています。
国会議事堂は、闇夜の中におぼろに浮かび上がっているわけ。国会議事堂の正面にあるはずの階段が見えません。
実物にはもちろん階段がある。他の紙幣を見ても階段がある。
国会議事堂は、廃墟であり、訪れる人間もないので、階段はいらないってことだね。
国会議事堂の枠は十字型。もちろんお墓だ。
国会議事堂の窓枠の中に、たくさんの十字架が見えます。 実物の国会議事堂には、もちろんこんなものはありません。
・・・これもお墓。

十円札の悪評


<十円札の悪評>

①全体が、「米国」の字になっている。
②十字架の窓が13個あり、絞首刑になったA級戦犯の数と同じである。
③戦艦大和に似ている。
④菊の紋がクサリにつながれている。
⑤MPが菊の紋を監視している。
⑥裏面の花模様が48個あり、アメリカの州の数と同じである。

      


P1100242.jpg

   戦争は、絶対してはならない!

             総理! 圧力も必要ですが、解決は力で無く対話ですよ


 男3人の一泊旅行は、懐かしい思い出話や硬い話、柔らかい話と、
それはそれは楽しかったようです。
来年の計画も、既に打合せしてきたそうですよ!

昔は、家の都合で、誰でも高校や大学に行くことはできませんでした。
3人共、夜学を出ている苦労人です。
63~64歳・・・みんな今でも現役、仕事も頑張っていますよ。

それぞれ真面目にコツコツ頑張った3人です。
生徒会長だった演説上手のK君は、まめパパと同じ土木設計から故郷の施工会社へ
40代で他分野の1級建築士まで取得した努力家
我が同級生、すばらしいなあ~!

T君も多才で、趣味が趣味の域を超えています。
その話はまたあとで、紹介致しますね(^^)/

スポンサーサイト



【 2017/11/13 】 その他 | TB(0) | CM(2)