FC2ブログ

まめちゃんとおひるね

黒柴のまめとのんびり、ゆったり暮らし。 粘土でお花を作ったり、編み物やバンダナ作りをしています。
01123456789101112131415161718192021222324252627282903

心を繋いだ父・・・

おはようございます♪
ご訪問ありがとうございます。

暑さ寒さも彼岸まで・・・
いつの間にか季節は移り、変わりなく巡ってきたに、ほっとしていました。
そんな中、突然父が93歳で天寿を全う致しました。

寒い季節を除き、ずっとひとり暮らしをしていた父ですが
昨年春、我が家から田舎へ帰ってのひとり暮らしは無理と家族で話し合い父の意向を優先し
最後は同じ県内に住む弟宅で、介護サービスを受けながら一緒に暮らすこととなりました。

敬老の日のプレゼントの御礼と、亡くなる前夜の父との電話で
○○子、ありがとうな」が最後の言葉となりました。

8月に孫達を連れみんなで会った時、元気だったので突然のことにびっくりでした。

家族葬で見送ることにしましたが、お別れの式当日には
まめ家菩提寺の住職さんも生前の親交から、どうしても会ってお別れしたいと
押し掛けで、申し訳ない」と仰りながら来て下さり、副僧侶として弔ってくれました。

そして、父が最後に校長していたその時の仲間の先生も、
家族葬なのに押し掛けて申し訳ないと仰りながら、心温まる弔辞をのべて下さいました。
その時の仲間で作った、30年続く父を囲む「ゆんべの会」

 弔辞の最後に
          秋彼岸 わが南牧の 巨星たつ

父の教職に対する姿勢を垣間見ることができ、感動で涙が止まりませんでした。


あたたかい皆さんのお言葉やお心遣いに触れ、改めて偉大な父だったんだなあと・・・
本当に、みんなに愛されていたんですね・・・

残った家族に、これからも大きな背中は人生の道しるべです


おじいちゃん

長男のお嫁ちゃんは、父が大好きだったお酒と木製の酒器セットをたむけてくれました。
亡くなる前日まで、毎晩晩酌を欠かさずにしていたそうですよ。

桜が散るように潔よい見事な、大往生でした。

お酒と

これで故郷南牧村で400年続いた生家も、もう住むこともなくなります・・・

 たくさんのことを、守っていてくれた父でした。


 私事を読んで下さり、ありがとうございましたm(_ _)m


スポンサーサイト



【 2019/09/23 】 その他 | TB(0) | CM(4)
まめままさん
お父さまのご逝去に心よりお悔やみ申し上げます。
93歳、天寿を全うされたとはいえ、お淋しくなりますね。
なんてすばらしいお父さまだったのでしょう。
大きな誇りですね。

お父さまのお人柄がうかがえるようなお別れの式ができたことは、遺族にとって何よりの慰めとなったのではないでしょうか。
これからもお父さまのこと時々書いてくださいね。

お悔やみをコメントでお返しすることお許しください。
そしてこんな時にまた他人とは思えない不思議がまた一つ。
お父さまに捧げられた酒器が、我が家にもあるんです。30代の若い頃に求めたものです。
私も戸棚から出して夫の写真のそばに置きました。時々はお気に入りの酒器を出してあげたいと思います。

BSで今「学校」を見終わったところです。
私の父は一介の教師でしたが、小さな情熱を傾けた日もあっただろうと、ちょっと誇りに思いました。
【 2019/09/23 】 編集
わすれ草さんへ♪
わすれ草さん、ご丁寧にありがとうございますm(_ _)m
尊敬する父でした。父のことが大好きな娘だったんです。
寡黙な父ですから、自分から話すことは少なくて・・・
ここ数年は、色々聞いておきたいと思い、聞き出すようにしていました。
昨年の夏には、貧血のため輸血が必要になり、検査もありで2ヶ月入院しました。本人には告知していませんが、癌でステージ4でした。
そんな長い入院にも関わらず、退院後元の状態に戻り奇跡のようだと・・・
老人が一週間入院すると、寝たきりになることが多いんだそうです。

父は、自分の事は自分でできるようにと、努力を惜しまない人でした。
迷惑をかけたくない一心でがんばっていました。
父の事は、また書きたいと思います。
わすれ草さんと共通なことが多くて、ほんとに不思議なんです。
ありがとうございました。
【 2019/09/23 】 編集
突然のお別れにさぞ驚かれたことでしょう。
いつだったかお父様の書を見せて頂いた記憶があります。
「小欲知足」? 言葉だけメモしていたのですが
もし間違っていたらごめんなさいね。
ご立派な大往生だと思います。 合掌

【 2019/09/24 】 編集
布遊子さんへ♪
ご丁寧にありがとうございますm(_ _)m

デイサービスに週2回行っていて、今年そこで書いた書き初めが、
「少欲知足」でした。
好きな言葉を書いたんだそうです。
欲を捨てる事が大事なんだと・・・
そんな生き方の父でした。
ありがとうございます。
【 2019/09/24 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL