FC2ブログ

まめちゃんとおひるね

黒柴のまめとのんびり、ゆったり暮らし。 粘土でお花を作ったり、編み物やバンダナ作りをしています。
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

花屋さんのこと・・・

こんばんわ~♪
ご訪問ありがとうございます。

まめは、花屋さんの親しいブリーダーさんの犬舎から、我が家にやってきました。

花屋さん2ヶ月

我が家では、はじめて飼うわんこです。
躾けも花屋さんがしてくれてから手渡してくれ、ほんとうに助かりました。

おねんねH180902


花屋さんとは、それ以来のお付き合いで、もう13年になります。
時々、私のブログに登場しています(^^)

その花屋さん(78歳)が、ガンで6月末に入院しました。
一人暮らしの花屋さん、娘さんは大阪にいるそうですが、あんまり行き来はしていない。
入院中、一人でどうするんだろう?!と、心配でしたが、
親しい友人達が、代わりばんこで病院に行きました。

昨夜ピンポンとドアホンが鳴り、花屋さんでした。
お花を抱えてやって来てくれたけど、思わず足があるか?と思ったくらい・・・(苦笑)
だってね、元気になれるか心配していたんです。

私の父とも面識があり、病院に行った時、父が亡くなったことも話してありました。
父のお位牌が手元に来て三日目、こうして花屋さんがたくさんのお花を手向けてくれて、
感謝・感謝でございますm(_ _)m

一ヶ月前にハイビスカスの重い大きな鉢を3個持って来てくれた時は、
仮退院だったそうで、今日聞いてほんとに、びっくりしました!
思わず、「無茶しないで下さい!」って・・・

P1140462.jpg


花屋さんは、黄疸のような症状になり、病院へ行くとすぐに入院するようにと言われました。
検査したら膵臓癌が見つかり、手術をする事になったのですが、
肝臓の裏側で手術は難しいと言われました。
それでも、なんとか手術することになり、17時間の大手術をしました。

いつも前向きで何事にもへこたれない花屋さんです。
集中治療室から出ると、すぐに歩行訓練をはじめたそうです。
医師が、体を動かすようにと言うので、毎日病院の廊下を20周したそうです。
約2時間かけて10,000歩歩いたと言うから驚きです!

「傷は痛くなかったの~?」と聞くと、「全然大丈夫!」って言うんですよ。
普通の人間とは思えない!

入院中病院では、患者さんや先生、看護士さんに、ハーモニカを吹いてあげたそうです。
患者さん家族に、長渕剛さんの「乾杯」を吹いてあげると、とても感激されたそうです。
若い患者さんで彼女がお見舞いに、何だか辛いですね。

4ヶ月間の入院は、退屈だったという花屋さんですが、
病院の皆さんに、たくさん種を播き花を咲かせてきたみたいです。

きっと、皆さんの心に残る、名物患者さんになったんでしょう~。

退院してから一週間目、昨夜我が家に来てくれましたが、
退院後すぐに、仕事をはじめたそうで、それってすご過ぎ!

夕食を食べながら色々話を聞きましたが、生命力の強さに驚くばかりです。

事も無げにやっているから、すごい!

「病は気から・・・」と言いますが、
花屋さんから、又々沢山教えてもらいました。

が大事ですね。


スポンサーサイト



【 2019/11/06 】 その他 | TB(0) | CM(2)
うれしいですね!
花屋さん、入院されていたのですね。
でもよかった!
まめままさんの喜びが伝わってきます。
まめちゃんの、こんなに愛らしい写真を見せてくださって、
今夜は良い夜になりました。(*^_^*)
【 2019/11/07 】 編集
窓さんへ♪
おはようございます♪
パワフルで自然が大好きな花屋さんが、ガンになりました。
10㎏も痩せたそうですよ。
それでも筋肉質だったので、体力があったんだと思います。
若い医師が、体を見てびっくりしたそうですから・・・(笑)
まめが、我が家に来た頃の写真、可愛いですね~
あの頃を懐かしく思い出しています。
【 2019/11/08 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL