まめちゃんとおひるね

黒柴のまめとのんびり、ゆったり暮らし。 粘土でお花を作ったり、編み物やバンダナ作りをしています。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

田舎再発見!黒瀧山

今回のお出かけも、田舎(南牧村)でした(^_^)/
Mさんご夫婦と一緒に、一泊二日の日程で田舎の新緑と富岡製糸場を訪れました。

少し寄り道で、まず訪れたのは黒瀧山不動寺・・・

黒瀧山不動寺は、千三百年の歴史を持つ厄除けの古寺なのです。

 <黒瀧山不動寺の紹介文抜粋>
 黒瀧山不動寺は、上州南牧谷の奥深い黒瀧山の岩壁から滝しぶきの舞う処。
 寺に到着すると、まず鐘楼、山門、不動堂、大雄宝殿、黒瀧泉そして開山堂へと続いている。
 上州の奥ノ院とも称され、江戸時代徳川五代綱吉公が帰依した1675年潮音禅師によって
 中興開山され、厄除け不動の霊場として、千余年の歴史を重ねる古寺。
   標高870メートルの黒瀧山。
 黒瀧三霊鳥の仏法僧、木魚鳥、慈悲心鳥も鳴く静寂幽玄な山寺。
 その他の生き物や植物も数多く生息。悠久の時の流れの中で命をつなげています。

 余談ですが、
NHKの大河ドラマでタッキーこと滝沢秀明主演の「義経」のロケ地にもなったそうです。


 生まれ育った田舎に、こんなに素晴らしい所があったんだと再発見でした!
まめパパは遠足で訪れ知ってはいたけど、来たことなかったまめママです(-_-;)



黒滝山1





第1駐車場から、急坂を息を切らしながら10分ほど歩くと・・・
ようやく黒瀧山不動寺に到着です!
途中、わんちゃんが、人(まめ)の気配を感じて吠えてます(^^ゞ

会えなかったけど、柴犬の不動寺ヨーゼフちゃん&桃太郎ちゃんです。
帰ってから、黒瀧山不動寺HPでお会いしましたよ。

黒滝10





住職さんは、汗をかきかきチェーンソーで薪作りをしていました。
住職さんは、お寺のお務めの他、
普茶料理、薪割りに畑仕事と、オールマイティをこなす凄い方なのです!



黒滝3




住職さんから 「是非、撞いて行って下さい」 とのお奨めで
早速、鐘を付かせて頂きました。
この鐘楼は戦艦陸奥の羅針盤が合鋳され、平和を祈念しています。
そして重さは300貫、約1.2トンもあるそうです。

鐘の音は「ゴーーーン」と山々に木霊し、いつまでも響き渡ります。
住職さんが、「鐘の中に入ってごらん。」と言うので、
鐘の中央に入ると・・・なんと音が打ち消し合い・・静かなのです。
びっくりしました!


黒滝11



鐘楼は断崖に切り立ち、ここからの景色は絶景、何とも素晴らしい眺めです。
山々が幾重にも連なり、墨絵のよう・・・・
神聖で心が洗われるような気持になります。


黒滝2




住職さんはとても素敵な絵を描かれます。
こちらの案内図も、住職さんのお手製。
絵も字もとても素晴らしく、独特の味と世界観が伝わってきます。


黒滝4




 まめの隣の大木は、黒瀧山の大杉 樹齢約500年
  根回り10m、目通り6.6m、樹高41mの大木です。
  群馬県指定天然記念物となっています。


黒滝8



山門も歴史を重ね重厚です。
参道は、山側も谷川も切り立った断崖です。

黒滝5



不動堂



黒滝6




瀧神の滝と不動明王像

4月28日のお不動様の日には、甘茶が振る舞われています。
私のお誕生日がお不動様の日で、
母が私が小さい頃、「お不動様の日に生まれると、一生お金に困らない。」 
と言っていたのを思い出しましたが・・・・・・・。



黒滝7


まめ臥龍橋より、不動堂へ

臥龍橋



参拝を終え帰ろうとすると、ご住職さまから
 「お茶を飲んで行って下さい」 とのお誘い
娘さん達のお心遣いで、お茶をご馳走になりました♪
ご先祖様のお導きや、両親に感謝です。


黒瀧山不動寺




娘さんの手作りの桑の葉の粉末が入ったカステラは、新緑と優しさを感じ
藤の花の甘酢漬けも、薄紫の涼しそうな色で見た目もきれいで、美味しく季節を食させていただきました。
何れも初めての食材、どちらも、とても美味しかったです(*^-^*)


DSCF2010.jpg

まめも「静かで、お利口さんね」と褒めていただきましたm(__)m


予約しておくと、普茶料理(座禅と精進料理)がお願いできるそうです。

群馬県の地方紙「上毛新聞」で1年間、12回で特集され、
普茶料理入門として月ごとに黒瀧山不動寺の普茶料理が紹介されます。

  第1回 ごま豆腐 2014. 04/09

ごま豆腐H260409_300dpi

  第2回 タケノコ団子 2014. 05/14

タケノコ団子H260514_300dpi


是非一度、体験してみたいですね(^_^)/

次ぎにお伺いするときは、柴ちゃん達にも会いたいです♪



この後、父が待っている実家に直行
お風呂(窓を開けて入ると露天風呂)に入り、バーベキューで盛り上がりました\(^O^)/

Mさん持参の、霜降りの厚切りお肉やホタテ・サザエなど・・・
お爺ちゃんが、川で取れたヤマメやイワナと地酒の「黒瀧山」を用意してくれてました。
食べることと飲むことに集中し、すっかり写真は撮り忘れ・・最後のイワナの骨酒

以前の写真で、雰囲気を

竹串を切り出し、七輪でヤマメを焼いて
やまめ


イワナは骨酒に、口当たりが良く飲み過ぎてしまいそう・・
骨酒


たら腹頂いて、大満足の一日でした~

明日は、ユネスコ世界遺産登録予定の 「富岡製糸場」へ
スポンサーサイト
【 2014/05/28 】 お出かけ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL