まめちゃんとおひるね

黒柴のまめとのんびり、ゆったり暮らし。 粘土でお花を作ったり、編み物やバンダナ作りをしています。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

のらねこちゃんのお話

昨年の暮れから、にゃんこの赤ちゃんの声が聞こえたり、
我が家の駐車場のバイクの上や、車のエンジンの上にいるのを見かけていました。

1月下旬、お隣さんが悩みがあるとの事で我が家に相談に来ました。
お話を聞くと、
のら猫2匹の赤ちゃんに、餌付けをしてしまったとのことでした。

自治会では、のら猫に餌をあげないように回覧板が回っています。
それで、役員でもあり どうしようか悩んでいると言うのです。

色々話しをすると、可哀想なのでこれからずーーーと面倒をみたいとのことでした。
室内では飼えないけど、すでに外にお部屋を作ってあげていました。

そこで、まめのお散歩でお知り合いになった 保護活動をしてるAさんにご相談しました。
我が家も、保護した犬や猫で、何回もお世話になっておりますm(_ _)m

Aさんはもう65年、のら猫と野良犬の保護活動をなさっているスゴイ方なのです。
それも一匹狼のごとく、ご自分一人の力でやり遂げております。

捕獲器も5~6個持っていて、相談を受けると、
どんなに遠くても、車で駆け付けて保護をなさっています。
そして捕獲して手術をして、野良猫が増えるのを止めているのです。

その動く費用はもちろん自分持ちで無償ですが、手術代もご自分で払う事もたくさんあります。
ほんとに、頭が下がりますm(_ _)m

保護した犬や猫は、新しい飼い主さんを捜してくれたり、
   幸せになった猫や犬は、数え切れないほどです。
そんな犬や猫にとって、神様みたいな方なのです。


猫は生後3ヶ月で妊娠できる体になるそうです。
一年に3回お産もできるそうです。
一回に3~5匹産むので、放っておくとあっという間に増えてしまいます。
とにかく、これ以上不幸なのら猫を増やさないように、避妊手術をする必要があります。

親猫が子ねこの様子を見に来ていると言うので、
一ヶ月ほど前に捕獲器をセットして、保護しました。

親猫捕獲

翌日には、避妊手術を終わらせ3日後に庭に放すと、脱兎のごとく消え去りました。
でも、2日後にはまた戻ってきましたよ。


野良生活をしてきた猫は、家猫にはなりません。
お家に入れたら、それは大変!!!
お家の中をひっちゃかめっちゃかしてしまうそうです。

子ねこちゃん2匹も、「3月になったら手術をしましょう。」と話をしていました。



P1050427.jpg



3月になり、そろそろ手術をするために捕獲器をセットしたその夜に、
1匹の子ねこちゃんが、家の前で車に轢かれて亡くなりました。

暗闇から飛び出した子ねこを轢いてしまったと、運転手の方が110番通報しました。
轢いてしまった方も家で猫を飼っていて、そのまま放っておけなくて110番したんだそうです。
パトカーが来てくれたのですが、
来て下さった警察官の方も、のら猫3匹にご飯をあげていると言う優しいお巡りさんでした。
お巡りさんが、市役所に連絡したり色々な処置をしてくれました。
未だ助かるなら 病院の手配もするつもりで・・・ ホントに有りがたいです。

  この子ねこちゃんは野良に生まれたけど、
みんなのあったかい心に見取られて、天国にいったんだなあと・・・
最後も飼い主さんに抱かれ3~4ヶ月の短い命でしたが、幕を閉じました。
  本当に幸せだったねと 心から思いました。

もう1匹の子ねこちゃんは、昨日無事避妊手術を終え戻ってきました。
お腹の中には、既に40グラムになった赤ちゃんが4匹入っていたそうです。

Aさんが獣医さんから引き取って来てくれて、庭に離したら一寸振り替えり、
ぐるっとお家の回りを一周して、もどってきました。

この子、捕獲して一晩は母猫同様、我が家のサンルームにいましたが、一度も泣かずにおりました。
野良猫は、にゃーにゃーと絶対泣かないそうで、家猫は閉じ込めるとスゴイ勢いで泣くそうです。
育った環境でこんなに違うんですね。

玄関を入り、息子さんの声が聞えたとたん、初めて甘えた声で鳴き出しました。
大事にしてくれる人は、わかるんですね。
もうのら猫ではなく飼い猫です。
優しい飼い主さんに出会えて、本当に良かったね♪

Aさんがいつも「動物は、絶対裏切らない。」とおっしゃいます。
喋れないけど、心の奥を見抜いてわかっていますよね。
人間と違って、本当にシンプルで純粋です。

一ヶ月程のねこちゃん騒ぎも落ち着き、ホッとしてます。

我が家もまた、まめからたくさん幸せをもらっています(*^-^*)




追記

Aさんから今朝お電話がありました。
昨日他所で保護し手術した野良猫2匹のお腹には、4匹と5匹の赤ちゃんがいたそうです。
春は繁殖シーズン!!!
Aさんは、元気で毎日忙しく保護活動をなさっています(感謝)
 たまに我が家で、拙い夕食をご一緒しますが色々話は尽きず
いつも 「命の洗濯が出来たわ」 と仰って帰られるのが嬉しいまめ家です。

私の中では、初めて長い文章になりました。
最後まで読んで下さり、有り難うございました




スポンサーサイト
【 2015/03/07 】 ペット | TB(0) | CM(4)
お疲れ様でした
色々と大変でしたね。お疲れ様でした。

まめママさんのこのお話を読んで、猫は子猫の状態で赤ちゃんができる事。そして何度も妊娠する事。だから、あっという間に子猫が増える事を多くの方々に知って頂けますね。

子猫ちゃんが亡くなってしまったのは本当に残念ですが、見捨てられずよかった・・・。

野良猫が家猫になる事もあるんですよ(^ω^)勿論成猫で。
私の知り合いで、大けがを負っていたノラを家猫にした人がいました。
子猫よりは色々大変な場合はありますけど(笑)

地域猫の輪がもっと広がるといいですね。
回覧板で地域猫が広がれば不幸な猫が減るのですが(*´ω`*)

そして、もしもそれが可能になれば個人で保護した方の負担も減りますよね。

まめ家のお家の近所で何度となくノラさんを見かけたことがありましたが、今いる子はその子の子供かもしれないですね。

本当にお疲れ様でした。
【 2015/03/08 】 編集
ひらベラさんへ♪
まだ3ヶ月でくらいなのに赤ちゃんがいてびっくりしました。
放っておくと大変なことになりますね。
今回は、幸運にも手術ができて良かったと思います。

隣にある緑地に、ノラちゃんがいると聞いてます。
夜お散歩すると見かけるらしいです。

ひらベラちゃんの飼っている凜ちゃんと夏ちゃんも、
捨てられていたのをひらベラちゃんが保護して、
飼ってくれているんですものね。
凜ちゃんも夏ちゃんも、優しいひらベラちゃんと出会えて幸運でした。

成猫ノラさんを家猫にした方がいらっしゃるんですね。
怪我をしていたので、そうできたのかも知れませんね。

ひらベラちゃんの言うように、みんなが理解し協力しあえば
良い方向に向いていくのでしょうが・・・
現実は、色んな方がいるので中々難しい・・・

Aさんのような方に頼ってばかりでは、
個人の負担が多き過ぎます。

Aさんは、「地球は人間だけのものでは無い。」とおっしゃいます。
私も、そう思います。

まめ家は、まめのご縁で知り合ったAさんから、
たくさん学ばせて頂いています。

今日もお散歩で、お蕎麦屋さんのおじさんが、
ピーと挨拶してくれました。
良い方ですね(*^-^*)





【 2015/03/08 】 編集
お隣さん、野良猫にエサをあげてしまったんですね…
お腹空いて、寒いよね…
そんな子見たら、あげちゃうよね…
(´-`).。oO

イヌネコは悪くない…
´д` ;

地道に活動されてるAさんに頭が下がります。
一人でも多くの方が協力してくれるようになる!
ゼッタイ!
*\(^o^)/*


【 2015/03/08 】 編集
うめやコーヒーさんへ♪
コメントありがとうございます♪

うめやコーヒーさんも保護活動をして下さっていますねm(_ _)m
仰るように、犬猫が悪いんじゃない!

Aさんは、いつもこうおっしゃいます。
「私に遠慮しないで、いつでも保護して下さい!」と・・・

私達は、その言葉に甘えて保護できます。
やはり、一生自分達で面倒みなくてはならないと思うと、
簡単に保護できません。
おかげで、何度もお世話になっています。
ありがたいです。

Aさんは、我が家でご飯を食べながら、
お話していくのがとても楽しいんですって(*^-^*)





【 2015/03/09 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL