まめちゃんとおひるね

黒柴のまめとのんびり、ゆったり暮らし。 粘土でお花を作ったり、編み物やバンダナ作りをしています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

山女魚の甘露煮

ご訪問ありがとうございます♪


私の父は、4月で89歳になりました。
脊柱管狭窄症で歩くことも大変ですが、家の中では四点杖を使い
そして外出は電動のシニアカーに乘り
郵便局に行ったり、ゲートボールに行ったりと、とても行動的です。9

家では、タブレットを使い数独やクロスワードパズルをしている、老人らしからぬ父です。
きっかけは2年前、孫達がスマホをいじっているのを見て、やってみたいと言い出しました!
分からない語句があると、何時も電子辞書で調べていたので垣根が低かったのでしょう


まめパパが スマホ・タブレット・ノートパソコンを用意し、各々操作した結果
文字入力もし易くコンパクトで機動的なタブレットにしましたよ。
色々設定してもらい、教わりながら使っています。
(一応PCの黎明期からの趣味で、設計に必要なソフトは作っちゃうので)
思いの外、理解力や飲み込みも速いと・・
SkypeでTV電話も出来るし、以前電話機が壊れた時の替わりにも・・便利ですね♪


スゴい田舎(日本一の過疎化と高齢化率の南牧村)なので、
食料品は生協に注文し配達してもらっていますが、食事は全部自分で作ります。
お風呂も洗濯も、自分でしています。

父の毎朝の日課は、ベッドで30分体操をしてから起床します。
決めた事は絶対続ける父、すごいなあ!といつも思います。

こうした日々の努力の成果でしょうか、「まだ一人で大丈夫」って言います(^o^)
人に頼らず、自分でしようとする気持が元気でいるために大切な事なんですね。

それに田舎のご近所さん達との温かい交流や、子供の時と変わらない豊かな自然
気候の良い季節は故郷で自分らしく過ごし、寒い季節は我が家で冬眠です。
(最近お騒がせの熊さんに似てる(笑) 原因は老いと、棲み分け似てますね)
後は、月に一度訪れ気が付いたことをしてきています。



お掃除だけは、一週間に一度ヘルパーさんが来てくれてますが、
そのヘルパーさんに、ヤマメの甘露煮を作ったので上げたんだそう~[あっぱれ]

父は料理好きで、特に天ぷらや煮物が得意で大した腕前なのです。
この年代では、稀なタイプですよね(^^ゞ
私、味付けで解らないと父に聞いてます(>_<)

そうだ!我が家も田舎でもらってきた山女魚が、冷凍したままになってるよ!
ご近所の方が釣ってくれた、貴重な天然の山女魚です・・・

父に倣って私も、甘露煮にすることにしました。


P1070451.jpg



まずは、180度のオーブンで20分焼きます。

やっぱり塩焼きが食べたい!
との希望で、一尾だけ塩を振り食べました(^^)


P1070450.jpg




圧力鍋に醤油1:酒1:砂糖1:水3を煮立たせます。
その中に、山女魚を並べて圧力鍋で煮ました。
頭からしっぽまで、丸ごと全部食べられました\(^o^)/


P1070463.jpg


モチロンまめも、素焼きのお頭と尾びれ周りをあげましたよ~


スポンサーサイト
【 2016/06/26 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL