まめちゃんとおひるね

黒柴のまめとのんびり、ゆったり暮らし。 粘土でお花を作ったり、編み物やバンダナ作りをしています。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

ルバーブジャム作り~♪

             ご訪問ありがとうございます♪


「ルバーブ」ってご存じですか~♪
フキに似た、多年草のこんな植物です。
丈は、大人の腰くらいあり、フキよりずっと大きいです。

イギリスではポプュラーな野菜らしいですが、日本ではあまり食べないですね。
酸味が強いので砂糖との相性が良く、主にジャムとして食用されることが多いようです。
抗酸化作用もあり、胃腸に良いとのことです。


IMG_0057.jpg





先日、BB農園さんから頂いて来たのでジャムにしました。

1 洗ったら2~3㎝に切り、鍋に入れます。
2 グラニュー糖を目見当で振りかけてしばらくすると、水分が出てきます。
3 レシピでは、お水を入れるとありますが、私は野菜ジュースを入れました。
  (臨機応変の性格、何でも適当・・・焦げない位の量です(^^ゞ)


P1070740.jpg



焦げないように様子をみながら、とろとろになるまで撹拌します。
(水分と甘みを調節しながらね・・・)
意外と短時間で、とろとろになりました\(^o^)/

P1070744.jpg






ブルーベリージャム(ソース)は、とっても簡単!!!
洗ってお砂糖を入れ火にかけて、沸騰したら2~3分です。
あんまり煮詰めないことが重要ですね。冷めると固まります。
ブルーベリージャムも完成しました\(^o^)/


P1070741.jpg


お出かけした後、配ったり作ったりと、何かと忙しいまめ家です(^_^;)

スポンサーサイト
【 2016/07/26 】 料理 | TB(0) | CM(2)
すごいです
まめままさん、おはようございます。^^ヾ

ルバーブって道の駅で見かけたことがあるような気がします。
が、数というか陳列されているのが少なくて、パット見たときは、
モロヘイヤの種類かと思いました。(;^_^

お鍋でぐつぐつコトコトを煮詰めて、こんなにきれいな自然色になるのですね!♪

まめままさん宅の食生活が、野菜中心なのも頷けます。^^ヾ
それにね、この臨機応変、というのが私にはできないのです。
専業主婦になって4年目の今、ようやく冷蔵庫の残り物で何とか凌げるようになりましたけど。^^ヾ

こちらは、うんと北部に行かないと、ベリー系は実らないのです。
やっぱり、一年を通じて平均気温がそちらよりは高いからでしょうかね。

ほんと、美味しそうですo(^-^)o


【 2016/07/27 】 編集
窓さんへ♪
こんばんわ~(*^-^*)
私も、てんとう虫さんで見たのが初めてでした。
毎年頂いて来て、ジャムを作っています。
この辺のスーパーでは見たことないです。
以前、紀伊國屋でみましたが・・・
赤いルバーブもありますね。

意外や意外で、
お水でなくジュースにしたら、まろかになったんです!

田舎の父が、残った煮汁を再利用して味付けに使ってしまいます。
それが、良い味付けになったりしてびっくりなのです。
父を見て、色々試すのは良いかな~と・・・
こちこち頭が、少し柔らかくなりました(^^ゞ

窓さんは、まじめで繊細な方に思えますので、
いい加減は難しいかも・・・(^^ゞ

我が家は夫婦だけなので、残り物で何とかなりますが、
息子や娘が一緒だと、そうもしてられないと思いますね。

ジャムは、お砂糖入れて煮るだけなので、とっても楽ちんです。
窓さんの地域だと、柑橘類のジャムができそうですね。
無農薬の夏みかんやいよかんが手に入ったら
是非ジャム作りお試しください。

市販のものが、食べれなくなりますよ。









【 2016/07/27 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL