まめちゃんとおひるね

黒柴のまめとのんびり、ゆったり暮らし。 粘土でお花を作ったり、編み物やバンダナ作りをしています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

栗の渋皮煮ができました♪

         ご訪問ありがとうございます♪


雨が降ったり止んだりの、お天気が続いています。
ひと雨ごとにと言いますが、季節は秋へと徐々に移っていますね。

昨日雨の止み間に、まめのオシッコだけ済ませようと外に出ました!
なのに、まめたんが動こうとしません。
仕方なく座り込んでいると、てんとう虫を発見!
手で摘まんで、まめに見せたけど反応Nothingでした(^^ゞ

手で触っていたら、てんとう虫が死んだように動かなくなってドキッ!
あら大変!殺してしまったのかしら?と土の上に置きました。
心配しながら見てると、暫くしたら動き出してホッとしました(^-^)

てんとう虫さんも危険を感じると、死んだ真似するんですね!
(手や足を中に入れ膠着しちゃいます)
             びっくりぽんでした!


P1080140.jpg





立派な栗を送って頂きました。
早速、栗ご飯にして秋の味覚を楽しみました♪
食べる方が先立って、写真撮るのを忘れました(^^ゞ

あとの栗で、渋皮煮を作ろうと思います。
① きれいに洗ったら、お尻の部分に縦に2~3㎝ほどの包丁の切れ目を入れます。
② 熱湯をかけて一晩そのまま放置します。


P1080126.jpg




③ 翌日、お尻から剥くと渋皮を傷付けることなく、きれいに剥けました。 

P1080128.jpg

④ お鍋にたっぷりのお湯のお湯を沸かし、重曹を入れて2~3分煮ます。
   灰汁で、お鍋真っ茶色になります。
⑤ 水にさらしながら、栗の表面をきれいにします。
⑥ これを2回繰り返します。
⑦ さらにもう一回、お湯だけで2~3分湯でこぼします。
⑧ 最後に、きれいになった栗を圧力鍋で煮ました。

P1080130.jpg




栗の柔らかさを確認するため、先ずはそのまま頂きました~
甘さ控え目過ぎて、もう一寸お砂糖が必要だなあ・・・
お砂糖と隠し味にお醤油を数滴入れました。
(お砂糖や重曹は、すべて目分量のいい加減ですよ)

P1080135.jpg


去年は栗が硬かったので、今年はそこを注意して作りました。
冷凍してあった餡こで茶巾しぼりにしてお茶タイム~♪
二日がかりの渋皮煮、味わって頂きました(^_^)/

P1080136.jpg





スポンサーサイト
【 2016/09/14 】 料理 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL