FC2ブログ

まめちゃんとおひるね

黒柴のまめとのんびり、ゆったり暮らし。 粘土でお花を作ったり、編み物やバンダナ作りをしています。
01123456789101112131415161718192021222324252627282903

お花のプレゼント付き講義~

おはようございます♪
いつもご訪問ありがとうございます。


夕食の後片付けをしていると、ピンポン~と鳴ります。
インターホンに出ると、花屋さんでした。
(まめは、花屋さんがブリーダーさんより入手し、我が家にやってきました。
そして、躾けをしてから手渡してくれました。それからご縁が続いています)
食事が終わっていたので、「何にもないけど、どうぞ~!」と・・・
花屋さんは、まめ家に来たら、あり合わせのご飯を食べていきます。

作り置きしてある常備菜をお皿に盛り、卵掛けご飯で食べてもらいました。
たまたま、霜里農場の有精卵の卵があったのです。

花屋さん、お醤油をかけないで食べてます!
素材の味が良く分かるとは思うけど、びっくりでした!


この日も、山のようなお花を、プレゼントしてくれました~♪

P1100685.jpg



やなぎと桜の枝、春を感じるようにですって!
ありがたい~ありがたい~
薔薇もたくさんあり、とりあえず大きな花瓶に全部入れ込みました。

P1100686.jpg


さてさて、食事が済むと、楽しい話をしてもらいます~

以前のブログでもご紹介しましたが、自然のことにとっても詳しい花屋さんです。
動物や草木など、実際に自分の目で見てきた事や、経験した知識なのです。

少年時代(宇和島に住んでいた)から、動物が好きで犬・うさぎ・ヤギ等飼っていたんだそう。
毎日、山や川で遊んでいたそうです。
魚釣りも上手です。
とっても話題が豊富で、聞いていてどんどん引き込まれていきます。
子供達に話したら、大喜びしそうな話ばかりです。

花屋さんの手帳には、細かい文字で毎日の自然観察が詳細に書かれています。
虫眼鏡じゃないと見えないくらいの、小っちゃな文字でびっしりです。
何月何日につばめを見たとか、あの木蓮が咲いたとか、気象等々、

原発事故の放射能による影響は、
土をついばみ巣を作るつばめを観察すれば、
一番影響をつかみやすいとも言っていました。

観察記録を、何十年も続けて手帳に書いています。


まるで、学者さんのような花屋さん・・・
とにかく、色んな事を教えてくれるんです。


名前を、解生(ときお)と言うんですよ。
「名は体を表す」と言うけど、「なるほど~」って思う。
ご両親がつけた名前だそうですが、親御さんもすごい方だったのですね。

今の子供達に一番欠けている事は、自然の中で遊び学ぶことでしょうか・・・
花屋さんのような方が、課外授業で教えてくれたら良いだろうな~と・・・

小さな虫や渡り鳥の時期も変わり、温暖化が影響していると言います。
一番小さな生き物に、一番に影響を及ぼすそうです。
興味深い話を聞いていると、あっという間に時間が過ぎます。

今起きている色んな災害は、
自然(地球)の警告として受け止めたいと思うのです。

スポンサーサイト



【 2018/02/09 】 その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL